第14回 腰痛と道路特定財源問題

参加メンバーがそれぞれのネタを持ち寄ってのトーク・セッション。
粥川は腰痛に悩まされた経験を紹介し、医療についての問題提起と考察を行なう。また武田は、最近のトピックから道路特定財源を取り上げる。
(08年3月30日収録)

参加メンバー
・赤木智弘
・粥川準二
・武田徹

 

◆第14回を視聴

 
 
◇第14回 chapter 1 粥川氏の腰痛をめぐる考察
[mp3:http://www.journalism.jp/podcasts/mp3/Jradio_14_1.mp3:腰痛から考える医療]
ある日、目覚めとともに激しい腰痛を感じた粥川。当初は急性腰痛(ぎっくり腰)だと診断され、安静を心がけたものの、さらに悪化することになった。初期治療の結果が思わしくないことから、粥川は自らの症状とその治療法について調べ始める。そして、ある病気に思い当たった?? その闘病経験から、社会的な事由を含む腰痛の発生原因と、日本における「社会科学としての医学」について考察する。

>みずもり亭日誌
>科学的根拠(Evidence Based Medicine;EBM)に基づいた腰痛診療のガイドラインの策定に関する研究
>加茂整形外科
>五ヶ丘整形
>「原因不明85%」の現実(読売新聞)

 
 
 
◇第14回 chapter 2 武田氏の道路をめぐる考察
[mp3:http://www.journalism.jp/podcasts/mp3/Jradio_14_2.mp3:道路問題と無知のベール]
「あと2日待てば、ガソリンが安くなる(かも)」??収録は、ガソリン税(揮発油税及び地方道路税)の暫定税率期日直前の3月末。ガソリン税と道路特定財源に関する問題を、ジョン・ロールズを引きながら考える。道路特定財源問題をきっかけにした、資本の再配分と貧困についての考察。そして話題は「貧困内格差」や公共的な政治の在り方についての思考を経て、ロールズのいう『無知のベール』を得た社会の可能性を探り始める。
 
 
★おしらせ★
??「烏賀陽さんのネットラジオに出演します」
[mp3:http://www.journalism.jp/podcasts/mp3/Jradio_14_3.mp3:おしらせ]
第9回にゲスト出演した烏賀陽氏のネットラジオ「烏賀陽弘道のU-NOTE」に、赤木がゲスト出演。
放送は2回分で、それぞれ4月16日、23日から配信されます。ぜひお聞きください。

>△▼ blue-radio.com ▼△
>烏賀陽弘道のU-NOTE