第28回 常岡さんの見たアフガニスタン(と『東のエデン』)

ジャーナリストの常岡浩介さんをゲストに迎えてお話を伺う。
アフガニスタンにはタリバーン誕生前夜の1993年からたびたび訪れ、今春にもタリバーン幹部への取材を行なった常岡さん。先ごろ、アメリカはイラク都市部から撤退する一方でアフガニスタンへの増派を決めた。そして次期大統領選挙も行なわれようとするいま、彼の地はどんな状況にあり、人々は何を求めているのか??
JCcast 第28回。収録は定位置となりつつあるルノアール大久保店、3号会議室。
(09年7月29日収録)

参加メンバー
・常岡浩介氏(ゲスト)
・赤木智弘
・粥川準二
・山下祐司

 

◆第28回を視聴


 

◇第28回 chapter 1 [TIME 0:00?0:30]
そもそも、タリバーンあるいはイスラム原理主義者たちは「反米」ではなかった?? 目標とするのは自らの理想とするイスラム国家の成立であり、アメリカに対抗・対立することではないと説明する常岡氏。しかし”9.11“と前後して、アメリカとの対立軸が描かれがちなアフガニスタン、タリバーンについて、粥川が聞く。

> シェルコの情報公開(常岡浩介)
> 『ロシア 語られない戦争』(常岡浩介著 アスキー新書)
> JCcast 第5回 常岡浩介氏を迎えて
> JCcast 第15回 常岡浩介氏を迎えて #2
> 常岡浩介氏のアフガニスタン報告(1)
> sherko@アフガニスタン(’93)
> ペシャワルふにゃふにゃの旅(’97)
> 命のふち
> アフガニスタン 聖戦の名のもとに

◇第28回 chapter 2 [TIME 0:30?1:15]
インタビュアーは、山下にバトンタッチ。常岡氏のコメントを受けながらアフガニスタンの歴史を辿った上で、タリバーン誕生から同政権の崩壊、そして再興しつつある現在までを聞く。アフガニスタンの歴史を織りなし、複雑に入り組んだ国家の利害と組織の勢力争い。権力、武力、安定……いま、アフガニスタンの民衆がタリバーンを求める理由とは? そして、日本に求められているものとは。

> 駐日アフガニスタン大使館
> アフガニスタン・イスラム共和国 基礎データ(外務省)
> ペシャワール会 Peshawar-kai 

◇第28回 chapter 3 [TIME 1:15?1:43]
「アニメ『東のエデン』は、赤木の『希望は戦争』をストーリー(映像)化した作品ではないか?」 ?? 常岡氏からのメールをきっかけに、『東のエデン』を以て自著を振り返る赤木。それぞれに示された「人間への期待」とは? 戦場を見て来た常岡氏、そして「戦争を希望」しながらも「私を戦争に向かわせないで欲しいと望む」赤木は、この作品をどうみたのか。

> 『東のエデン』公式サイト
> 深夜のシマネコ(赤木智弘)
> 「丸山眞男」をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。(赤木智弘)