第40回 研究不正、プラシーボ、岡崎市立中央図書館

ノーベル賞・イグノーベル賞の発表直後に収録した、JCcast第40回。まずは粥川がハーバード大学での研究不正事件を取り上げる。山下は、ホメオパシーの事例を挙げながら「プラシーボ効果」について。赤木は、愛知県岡崎市立図書館のウェブサイトに対する「大量アクセス」事件について取り上げる。収録場所はおなじみ大久保ルノアール。

(2010年10月8日収録)

参加メンバー
・赤木智弘
・粥川準二
・山下祐司
・武田徹

 

◆第40回を視聴

 

◇chapter 1 [TIME 0:00〜0:23]
粥川が取り上げるのは、ハーバード大学の心理学者、マーク・ハウザーによる不正事件。2010年8月、それまでに「モラル(道徳)のリサーチャー」が著したいくつかの論文についての不正を『ボストン・グローブ』紙がスクープした。2005年に韓国でのES細胞研究に関する問題が発覚して以来、さまざまな科学的不正が明らかにされる機会は増えたようにも見える。その理由とは。

> マーク・ハウザー事件:動物の道徳、研究の倫理 – みずもり亭日誌2.0
> 黄禹錫 – Wikipedia

 

◇chapter 2 [TIME 0:23〜0:46]
続いて”代替医療ウォッチャー”(?)山下による「プラシーボ効果批判」。2010年7月、ホメオパシーに関連する民事訴訟が起こされた。訴えによれば、助産師が新生児にビタミンKを与えなかったことから「ビタミンK欠乏性出血症」が引き起こされ、死に至ったという。この事例を基点に、代替医療、プラシーボ効果の意義と問題点についてトークを展開する。

> ホーソン実験 – Wikipedia
> ヘンリー・K.ビーチャー『偽薬効果』(春秋社)

 

◇chapter 3 [TIME 0:46〜1:03]
赤木が取り上げるのは「岡崎市立中央図書館ウェブサイト大量アクセス事件」。2010年3月、愛知県岡崎市立中央図書館のウェブサイトにエラーが発生。その原因となっていたのが、ある男性が利用した「クローラー」による連続アクセスだった。男性が逮捕されたことで大きな注目を集めたこの事件の問題点をたどり、

> 岡崎市立中央図書館のホームページへの大量アクセスによる障害について(岡崎市立中央図書館)
> Librahack : 容疑者から見た岡崎図書館事件
> 岡崎市立中央図書館事件に対するカーリルの見解(カーリルのブログ)
> 三菱図書館システムMELIL旧型の欠陥、アニメ化 – 岡崎図書館事件(7)(高木浩光@自宅の日記)

 

【journalism.jp の USTREAM】