JCcast

第9回 「オリコン訴訟」:烏賀陽氏を迎えて

◆ゲストに烏賀陽弘道氏を迎え、いわゆる「オリコン訴訟」を中心にトークを展開する。 JCcast 第0回でも取り上げた同訴訟は、月刊誌『サイゾー』(インフォバーン)2006年4月号に掲載されたコメントについて、株式会社オリコンが「事実誤認に基づく名誉棄損行為に対する5000万円の損害賠償と謝罪」を求めて、烏賀陽氏を東京地裁に提訴したもの。 該当の記事はいかにして書かれ、訴訟はいかに起こされたのか。そ…

第8回 トピックス3題

◆参加メンバーがそれぞれのネタを持ち寄ってのトーク・セッション。 粥川はスーパーで耳にした懐かしいサウンドから「『ラジオ・スターの悲劇』の受容史」をテーマに展開。赤木は『週刊金曜日』に掲載された『「美しい国」の現実』という記事を取り上げる。また最近アメリカを訪れた武田は、旅行中に目にした光景からトークを展開する。 (07年8月14日収録)

第7回 林香里、町田徹、高原基彰の論文から

◆武田が執筆した、毎日新聞紙上での連載『雑誌を読む』(2007.6.28 夕刊)原稿から、3つの論文を取り上げる。対象となったのは、林香里「『公共性』から『連帯』へ」(世界)、町田徹「それでも僕たちは『ライブドア』で働く」 (月刊現代)、高原基彰「『自由』と『安定』のジレンマ」(論座)(※各雑誌とも、2007年7月号掲載)。「連帯の現在形を捉えている(武田)」各論文を軸に、メンバーが論じる。 (0…

第6回 トピックス2題

◆参加メンバーがテーマを持ち寄ってのトーク・セッション。粥川は「『体外受精によって誕生した女性』の出産」から見る社会への疑問。赤木は「ネットカフェ難民」をきっかけに、マスコミによる容易な用語の使用に疑問を投げかける。アンカーを務めてきた武田が喉の不調を抱えていたため、微妙な緊張感が漂う粥川・赤木による対談風に。 (07年6月12日収録)

第5回 常岡浩介氏を迎えて

◆ゲストスピーカーにジャーナリストの常岡浩介氏を迎える。薬害エイズ問題を追った長崎時代、海外紛争地取材、日本の通信業界についてなど、メンバーが常岡氏に質問しながら、さまざまにトークを展開する。収録は常岡氏が住むシェア・ハウスで行われた。 (07年5月8日収録)

第4回 トピックス3題

◆参加メンバーがそれぞれのテーマを持ち寄ってのトーク・セッション。 粥川が取り上げたのは健康増進法に基づいた「健康診断の義務化」、赤木は「ニコニコ動画」。新規参加となった山下はルポルタージュ作品『消えた町 〜 巻町最後の十年 〜』制作のなかで持った印象など。最後に、武田が再び「ラジオについて」。 (2007年4月4日収録)

第3回 トピックス3題

◆参加メンバーがそれぞれのテーマを持ち寄ってのトーク・セッション。 メンバー共通の苦楽(?)「確定申告」で口火を切ってから、粥川が提示したテーマは「赤ちゃんポスト」問題。赤木は「フリーター数減少報道」を取り上げる。最後に「ラジオというメディア」について。 2007年3月7日収録。

第2回 トピックス3題

◆第2回分を視聴 参加メンバーがそれぞれのテーマを持ち寄ってのトーク・セッション。 科学ジャーナリストにして映画フリークの粥川は、日本での「海外ドキュメンタリー映画の伝えられかた/受け取られかた」への疑問を提示。そこにある「罪」あるいは「悲劇」とは? そして赤木が取り上げたのは『発掘!あるある大事典II』。本当に視聴者は「だまされていた」のか? 『あるある』問題が提示した「不都合な真実」とは。 ほ…

第1回 読書会:小田嶋隆著『テレビ標本箱』

◆第1回の配信を視聴する 「第1回」として、読書会での収録を配信します。 この読書会は「ジャーナリスト養成コース」受講者が中心となって行われているもので、毎回1冊の書籍を取り上げ、書評を書き合い、批評し合うものです。なお読書会参加者による書評原稿は、「REVIEWs」のコーナーで公開されています。