謎の貼り紙

--- 2006年10月21日

「さるさる」で不満だったことの1つが、写真を載せるのがやや面倒だということである。こちらでは比較的簡単に載せられるので、これからは少しずつ、写真も見せていこうと思っている。ただし、あまり上手なものではないが(以前紹介した在日イギリス人ジャーナリストのトニー・マクニコルさんは写真もうまい)。

 この写真は先日、ガッコ(明治学院大学)から白金高輪の駅への道の途中で見つけた貼り紙を撮ったものである。

DSCF0406.JPG

 この手づくり感から、公的な機関が貼ったものではないことは明らかだ。近所の住民が貼ったのかもしれない。「減速せよ!」とあるが、少し変だということにお気づきであろう。「減速せよ!」というからには、この辺りには子どももいるので、クルマのドライバーは気をつけなさい、というメッセージであろう。しかし、この貼り紙は歩道に向かって貼られている。クルマは左側通行なので、ドライバーからは、このメッセージは読めない。もしかして、自転車の乗り手に向けたメッセージなのだろうか。
 いずれにせよ、僕は、この貼り紙を貼った人がどのような思いを込めて「減速せよ!」と言いたいのか、どうも気になってしまうのだ。06.10.21

« 有毒廃棄物で揺れるコートジボワール(3) | トップページ | ナノ粒子のin vivo毒性評価実験 »