謎の三角地帯(8)

--- 2007年07月25日

 ひさしぶりのこのエントリー、みなさま、覚えていらっしゃいますでしょうか。

 今日、大学に行ったとき、この「謎の三角地帯」に建てられていた、マンションのモデルルームはなくなっていて、すでに更地になっていた。

DSCF0817.JPG

 それが徐々に壊される過程も、できれば目撃したかったのだが……やはり僕は消えゆくもの、滅びゆくもの、はかないものに興味があるのだろうか。僕が絶対に住むことのできないであろうマンションと、そのモデルルームとでは、その「はかなさ」には、かなり大きな違いがありそうだ。
 また何か観察に値するものを見つけたら、報告したい。07.7.25

« 意味不明、意味過剰 | トップページ | 遠隔嘘発見器----いつ、どこで、そして誰に? »