第59回 2012年を振り返る:9大ニュース

◆還暦? を前にした年末の収録。2012年のニュースの中から、メンバーが特に気になったものをセレクトして振り返ります。科学、生命倫理、サッカー、公共事業、宗教、貧困、リスク……私たちの営みは、多様な希望と困難に満たされています。 (2012年12月26日収録)

第58回 iPS細胞を巡る思索、安全を遠ざける思考

◆山中伸弥氏のノーベル賞受賞に沸く(?)JCcast、第58回。粥川はiPS細胞と科学技術をめぐる生命倫理、山下は”トリックスター”森口尚史氏の「功績」について。赤木は、10月に発生した「丸の内線車内でのアルミ缶爆発事故」を起点に、日常が内包する危険について話題を提供する。 (2012年11月16日収録)

第57回 出生前診断、有機野菜、おもかげ復元師

◆iPhone5が発売。アップルは、あの日ビッグブラザーを打ち砕いた鉄のハンマーをいまだに持ち続けているのでしょうか? JCcast第57回、粥川は出生前診断について再び議論を提起し、山下は「有機食品(オーガニック野菜)」を基点に「安全」と「安心」のビミョーな関係ついて。赤木は笹原留似子著『おもかげ復元師』読後の印象について話題を提供する。 (2012年9月23日収録)

第56回 内部被ばく検査、誹謗と差別、マナーの暴走

◆ “This is for everyone” —- ロンドン・オリンピック開会式に登場した「HTTPとWWWの父」ティム・バーナーズ=リーによるツイートや一連のセレモニーに武田は何を見たのか。トーキョーは、ロンドンばりのウィットを育むことができるだろうか? JCcast第56回、粥川は福島での内部被ばく検査についてのレポート、山下は東電社員への誹謗や差別につ…

第55回 出生前診断からの問い、虐待と寿命、片山さつき。

◆ 夏至を過ぎて集まるJCcastメンバー。ルノワール・ブレンドをすすりながら、イントロでは「人間に甘える(ように振る舞う)術を身につけていない野良猫が、生存し続けられる/られない都市のあり方」が暗喩する教育と社会について考えます。 粥川は出生前診断に関するトピックを枕に、ゲノム科学技術の発展と「フクシマ以降」がもたらす問いについての話題。山下は幼少期の虐待やいじめが寿命に影響をもたらす可能性につ…