《 エセ脳科学の大御所が出所 | メイン | ブサヨクはいつまで団塊の青春を夢見続けるのか リベンジ 》

2006年05月05日

 ■ ブサヨクはいつまで団塊制青春の夢を見続けるのか。

ブサヨクはいつまで団塊制青春の夢を見続けるのか。

 成城トランスカレッジより、「「早大ビラまき青年逮捕事件」についての共同ブログ」

 は? お前ら今さらなにやってんの?
 このIT社会の現在において、わざわざ早稲田大学でビラなんか配って逮捕された池沼なんか放っておけよブサヨク。

 以上が正直な感想。
 本物の社会と抜き差しならない戦いをしている人たちにはロクに手助けしないで、今だに「学生自治」だとかそんなモラトリアムを延々と続けている池沼がいて、その池沼が捕まったからって、すぐに支援しちゃうブサヨクがいる。そんなんじゃ、若い人は誰も左翼をがんばって支えようなんて思わないよ。年金払うよりバカバカしい。
 それでもこうやって、いちいちこの事件にまともに取り組んじゃうバカがいて、コメントなんかを寄せるバカがいる。そんなに左翼の権威が欲しいのか、強欲め!!

 分かるよ。なんでブサヨクがこんな池沼を応援するのかは。
 「ビラ配り」はまさに団塊ブサヨクの青春であって、それと同じことをしている池沼に情が湧いてしまうんだろう。そしてそのことこそが、年配ブサヨクと、役に立たない若い池沼サヨを結びつけて、利権のやりとりが発生する。
 かくして、ブサヨクはこのどうでもいい事件に無駄な時間を費やし、真面目に社会を考える左傾の人間は左翼を見限る。もう少しいいかげんに考えていれば右に転向する。そして左翼に残るのはジジイと池沼ばっかり(藁)。

 この件でロフトプラスワンのイベントが行なわれた時に、松沢呉一さんが極めて冷淡な態度を表明している。

ビラ配りで言えば、迷惑防止条例で、敷地内にピンクビラを貼っただけで逮捕される。仮にそこが完全に私有地でも、公道から見えただけで逮捕。去年の7月からできている。また一昨年、東京都の青少年健全育成条例により、エロ本にシールが貼られるようになったが、あれはメディアをいつでも潰せる状態を作ったということ。一般にはエロの規制だと思われているが、第二条には「犯罪行為を助長する」ということが書かれているので、酒、タバコ、ギャンブルのようなものを書いただけでも潰すことは可能。昨年もWebでソープランドのガイドをしているHPが売春防止法で潰されている。これが他のジャンル(例えばオタク?)だったらもっと話題になっていただろう。

みなさんほとんど関心なかったと思いますが、自分がずっと訴えてきて相手にされなかったこと。既に手遅れ、現実はもう作られている。「エロ本はしょうがないだろう」「ピンクビラはしょうがないだろう」「セクハラはしょうがないだろう」と、問題の根幹を考えずになんとなくやり過ごすことでここまで拡大されてきた。もう既成事実はできているので、あとはさらに拡大するだけ。「エロビラは不快だから当然」というロジックの場合、どのようなビラも不快に感じる人はいるので、どんな内容であれ捕まえることができてしまう。これまで自分は「エロがつぶされていいのだったら、お前らも潰されろ!」と思ってた。それが皆さんのところにようやく来た(笑)。もう手遅れ、やってもしょうがない。でも、カラオケ仲間がいるからここに来た(笑)。

 ブサヨクはどうしてこの呉一さんの意見を汲み取ることができないのだろう。
 ブサヨクは、左翼を標榜するなら、大学自治なんて時代遅れな領域からとっとと離れろ。
 団塊ジジババの青春なんて腐敗物は、その辺のドブ川に放り込め。

 つか、俺はこの事件に、あの重信房子のバカみたいなピースサインに通じるものを見るんだよ……左翼は気味が悪いよ。本当に。

食べ終わった容器は座席の下に
 そういえば、昔は「電車の中で出たゴミは電車の中に捨てる」のが普通のことであったような気がして、調べてみました。

質問:昭和30年代電車の中で食べた駅弁のごみは座席の下に捨てた?(教えて!goo)
 床で寝る人ってのはすごいな。今でも早朝の電車で寝てる人は見ますけどね。まぁ空いてればいいや。

今の若造はマナーがなっていない!!
(リンクは一週間程度限定です。リンク掲載終了後の場合、「第2日本テレビ」の「もぐら骨董道」に行って、何でもいいから掲示板以外のコンテンツをクリック、左側の「時代ゆえ 若さゆえ」と書かれたバナーをクリック、そ一番下から3番目に「今の若造はマナーがなっていない!!」があります)
 かつての電車内の無法っぷりを垣間見ることができます。

 カメラのアングルがあまりに良くて、ヤラセの感じも受けます。あと、この当時の人たちは「カメラを向けられる」という事に対して、どう考えていたのでしょうか? 今の感覚なら自分が食事をしているところをアップで撮られるというのは、決して気持ちのいいことではないでしょうし。
 ただ、作業員の手慣れた様子を見るに、仮にヤラセがあったとしても、こうした状況が日常からかけ離れてはいないように思えます。

昔は車内に残されたゴミが今と比べ物にならないほど多かったように思います。

 昔の長距離列車は今と比べれは速度が遅く、長時間列車の中に拘束されることから、飲み食いは必要不可欠でした。そういう意味で、ゴミの発生は必然です。加えて、上の「教えて!goo」で言うようにゴミ箱がないのであれば、当然ゴミは床に散乱するわけです。

 あと、どこか忘れましたが、駅弁関連サイトの掛紙コレクションの中に「食べ終わった容器は座席の下に」というような文言が書かれたものがあったような気がします。どこだっけ?

 だから結論としては「別に昔の道徳なんて、実態はたいしたことではなかった」と言いたいだけですけどね。
 あと、日本人が極めて「過去を都合よく忘れる」ってことかなぁ。
 花見なんかの無法っぷりを特集したニュース番組見てて「日本人って、昔っからこんなもんだよなぁ」と思い出したんですよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.journalism.jp/mt/mt-tb.cgi/2937