《 ゲームレビュー マザー3 | メイン | 書評 『若者殺しの時代』堀井憲一郎 》

2006年05月18日

 ■ 大人の自殺願望に利用される子供たち

男児投げ落とし、「自殺できず死刑になるため」と供述

 もちろん、取調での供述なんて、そのまま信用に足るワケではないんだけど、それでも「やっぱりこういう犯罪が起るよなぁ」と考えてしまう。
 少し前に予言したとおり、犯罪者に対する脅威論によって、死刑の執行が迅速化されればされるほど、それを目当てにした犯罪は起こりやすいということです。
 どうせ富士のすそ野で孤独に自殺するのだったら、子供殺して世間に注目されて死刑にされる。その方がいいのではないかと思う人間は少なくないと思われます。
 犯罪の抑制のためにも、死刑を廃止し、終身刑を採用すべきです。

Google日本社長曰く「俺は公正中立」
 んモー またそゆこというー(植田まさし風)

 こうした企業判断の公正さということを聞かれた時に、ちゃんと「わが社としては、こうした社内判断システムを構築しており、故に判断は公正中立なものであると確信しております」と言えるような人間じゃないと、社長なんて事をやってはいけないと思います。
 重要なのは、「俺が公正中立だと思っている」ではなくて、「どのように公正中立を実現しようとしているのか」であって、その段階になって初めて森達也の言うような「本当に公正中立などあり得るのか?」という視座が生まれてくるのです。

 というか、いつまで

完全性

Googleの複雑で自動化された検索方法には人為的な介入がありません。 PageRankTMを販売したり、商業的に検索結果を操作するということは一切ありません。Google検索は高品質なウェブサイトを手軽に探すための、正確で客観的な手段です。

「Google の人気の秘密」

 などというデマを書きたれているのかと。
 削除! 削除! さっさと削除! しばくぞ!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.journalism.jp/mt/mt-tb.cgi/2941