《 期待しないで待っててね | メイン | 共作の証明 》

2006年05月31日

 ■ 景観ヤクザ

やる気復帰モード中。
 掲示板の返事とか、もう少し待ってね。

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?

皇室に対する敬慕とはかけ離れた内容で

 あーあ、君が代が国家讃美ではなく、天皇翼賛の歌だって言っちゃった(笑)
 そのクセ、陛下のおっしゃった「国旗国歌を強制してはならない」という言葉に従わないのはなぜだろう?

悪い景観100景といいつつ70景。
 基本的には非常に分かりやすい景観バカ論理。景観のためなら人だって殺しかねないな(笑)
 街などというのは、そこに暮らし、生活している人たちのための空間であって、そこに「景観」などと言いたれるご立派な先生方はいったい何様なのだろう?
 もっとも気になったのがこの写真のコメント
 混雑時ならともかく、平時にこれが交通を妨げているとはまったく考えられない。
 街がそこに暮す生活者の物であるなら、こうしたディスプレイは許されるべきだ。

 以前、秋葉原に警察の指導が入って、路上のディスプレイが排除された事件があったが、あの事件は秋葉原という街が、その街で商売を営んだり、売り買いをしにくるお客さんたちの街ではなく、警察の管理する街になったという、ターニングポイントであった。
 以後、警察はオタク狩りを行い、十得ナイフを持っていただけの人間を逮捕し、ゴールデンウィークにはパフォーマーを狩り、秋葉原の歩行者天国を無味乾燥とした、ただの広い道路に変えた。
 まさに警察によるディスプレイ排除は、警察に対する「割れ窓」であった。

 こうした「景観」による一方的な通達も、「ある勢力」への割れ窓となりうる。
 東新宿を標的にしながら西新宿は見逃していたり、国立の某マンションが選ばれていたり、揚げ句の果てに日本橋上の高速道路と、いかにも恣意性を感じる選択ではないか。
 「ある勢力」と「ご立派な先生方」に共通するのは、さも「我々、上流階級の美を理解しないのは、下賎な者だ」という、他者に対する徹底的な軽視である。つか、まずは西新宿の醜悪なツインタワーを潰せ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.journalism.jp/mt/mt-tb.cgi/2950