《 2007年03月 | メイン | 2007年05月 》

2007年04月28日
 ■ いまさらながら9条

バージニア工科大学の銃乱射事件に、TVゲームはまったく関係ありませんでした。
 TVゲームの影響を否定する人の中には、アメリカという銃社会に安直に原因を求める人もいるようです。
 しかし、『ボーリングフォーコロンバイン』でマイケル・ムーアが提示していたように、銃が合法な社会だからといって、イコール銃犯罪数が多いということにはなっていません。

 そもそも、人間が殺人などに走る動機は、そんなに簡単なものではないはずです。
 TVゲームの影響か否かと言う以前に、ドラマや映画、スポーツ、そして銃社会といった、そんな単純な要因を妄想して良しとするべきではないのです。
 つか、そんなこと考えても意味がないので、よほど高度な考察をするのではない限り、殺人は単なる「現象」として捉えるべきだと、私は思うし、どこかに病理があるとすれば、それは殺人の側ではなく、殺人を過大視する側にあると思いますね。

9条について、いまさらながらに考えてみる。

 たぶん現状で改憲をしたとしても、日本が「戦争のできる国」になるとは思わないし、同時に、現状が「戦争ができない国」でもないと思う。
 政府が日米同盟を最重要視する限り、自衛隊だろうが日本軍だろうが、米軍の肩代わりをするに過ぎない。
 戦術核についても同じことで、核武装といっても、米軍の戦術核を配備するようなことでは、日本として国際的に自立したなどとは言えない。

 にもかかわらず、右派は当然のこととして改憲を主張するし、左派は護憲を主張する。
 いわば、大して違いのないようなことに、どちらも必死になっている。

 そうした中で、どうも私たちの存在が軽視されている感がある。
 改憲したって、護憲を貫いたって、フリーターをめぐる状況にはなんら関係がない。
 もちろん、論座に書いたように、改憲すれば多少の可能性が生まれるのかも知れないが、それはあまりに低い確率に過ぎない。

 私にはそのような運動に大きな意味があるとは思えない。

 しかし、右翼左翼という組織は、そこに大きな意味を設定する。
 9条に対する態度で左右を切り分け、右だからネオコンでネオリベだ、左だから平等平和だなどと、お互いに決定的な差違があるかの様に振る舞う。
 しかし、どちらにしても大切なのは自分の周囲の経済状況であり、自分の家族であるというエゴイスティックな態度は変わらない。
 自分たちの周囲のみの平和を絶対視し、そのために周囲以外を貶めてもなんとも思わない。9条を守ろうと変えようと、そのことは変わらない。
 だから、私が至るべき結論は、「9条はどうでもいい」ということになる。
 9条という分かりやすい対立軸の存在が、左右の抗争の中に現代社会の病理を癒す光明があるかのように見せてはいるが、本当はそこには何もない。9条を巡る対立は、野球チームのどっちが勝ったか負けたかレベルの、平凡な日常をやり過ごすための娯楽に過ぎない。逆に言えば、9条議論は、日常をやり過ごしても生きていけるだけの給与を得ている人たちのためのモノだ。

 しかし、私たちのようなフリーターは、日常をやり過ごすことはできない。
 やり過ごしていては、やがて訪れる不幸な結果を回避することはできない。
 だが、社会が9条に注力するかぎり、我々はただ日常をやり過ごす大きな流れのなかに巻き込まれることになる。
 だから私は、9条を巡る議論そのものを否定しようと思う。
 平和を否定し、既得権益を否定する。ただやり過ごされる日常を否定しようと思う。

 だから私は戦争という方法論をもって、日常を断ち切ることを考える。
 物理的なカタストロフィーによる、強制的な流動化。他人の善意や正義感に期待しなくても、流動性を呼び込める方法。
 決していい手段とは言えないが、それ以外に可能性が見当たらない。

 結局、9条の話といいつつ、ここに着地してしまうことが歯がゆくもあるのだが。

個別ページ表示 | トラックバック (1)

2007年04月25日
 ■ 別府史之選手はすごい

後藤さんによる「香山リカ」批判
 これは本当にヒドイ。
 私はTVゲームが好きで、プロレスが好き。という趣味が一致しているという点で、香山リカに対して多少なりとも親近感をもっていたので、正直ショックが大きい。
 ちょうど朝日新聞に香山リカ絡みの記事が出てますね。

 『没後15年尾崎はどこへ 消えた反抗心』
 うわー。なんか本気でくだらない。
 盗んだバイクで走り出したり、学校のプレパラート(嘘)を割るような「反抗」なんて、もうとっくにバカバカしくて、体制寄りのことになってしまっているのに。

今、録画している「アムステルゴールドレース」という、自転車ロードレースを見てるけど、日本から唯一出場している「別府史之」選手が、何度も何度も、国際映像の画面に映っている。
 別府は先週の「パリ〜ルーべ」というレース(でこぼこの石畳を何度も走破する、100年以上の歴史を持つ非常に過酷なレース)でも、よく映っていた。
 決して「たまたま」映っているのではなく、集団の先頭を引いたり、チームメイトのためにボトル運びをしたり、パンクしたリーダー格の選手に、自分の自転車の前輪を渡したりと、プロとしてしっかり仕事をこなしている映像が映されている。
 イチローや松井、松坂という野球選手の華々しい活躍に、ミーハー的に国粋意識をくすぐられてしまうような連中は「くだらない」と思うけれども、いままでほとんど日本人が活躍しておらず、また日本でもその扱いがいいとは言えない自転車ロードレースという場で、別府という日本人がアシストという地味な立場ながら、こうして評価されているのを見ると、素直に嬉しくなってしまう。
 別府選手のブログにレースの様子とその心情が記されているが、その悔しい気持ちが伝わってくるし、またアシストとしてちゃんと仕事をこなしたことを、現地のお客さん(フミの名前を知っているということは、相当コアな自転車ロードレースファンなのだろう)に称賛されたということに、少々目頭が熱くなる。

 まぁ、ツール・ド・フランスは、望みすぎだとしても、ジロ・デ・イタリア、もしくはヴエルタ・エスパーニャという、メジャーの中のメジャーなレースにも、別府選手の出場のチャンスがあれば、いいですねぇ。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2007年04月20日
 ■ 対談してきました

去る18日に、上記の自由学校を主宰するPARCの企画で、雨宮処凛さんと対談をしてきました。
 いろいろと刺激になることは多かったですし、実りのある対談になったと思います。そのあたりの模様は、『月刊オルタ』に掲載予定ですので、ぜひご覧ください。

 で、その対談の話はオルタにおまかせするとして、そのあと雨宮処凛さんの新刊『生きさせろ! 難民化する若者たち』についての読書会にも参加しました。
 そこでもまたいろいろな方とお会いしたのですが、多くの方が私のことを知ってくださっていて驚きました。
 よく考えれば、Web上で読者対応はしていても、現実に読者の方とお会いしたことは、取材という形以外では、今までなかったんですね。
 現実に自分の名前が流通していることを知って、驚いたというか、気が引き締まったというか。
 そこでいろいろとお話ししたことは、今後の活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました。

「PARC自由学校」
 申し込み〆切が、4/23日と近づいております。
 私が講師側として参加予定の「「不安社会ニッポン」をどう生きるか」の定員にも、まだ若干の余裕(林家こん平風に)があるようです。
 受講料が38,000円と、決して安くはないですが、講師の顔ぶれを見ていただければ、それだけのお金を出す価値があることは明白です。講師に一切ハズレ無し。いや、俺だけハズレ(笑)
 もし、締め切りを過ぎてしまっても、定員に達するまでは随時募集中とのことですから、一度、サイトの方をチェックしていただくか、パンフレットを取り寄せていただければ幸いです。
 あと、「11 暮らしから考えるグローバリズム」という講座も面白そうですね。

メモ:今後のスタンスと私

 現在私は、経済的な弱者という現実的な立場をもちながら、単純に左側につくのではなく、左側に軸を置きながら、右側の思考法を取り入れて言論化していくようなスタンスをとっています。
 それはある意味で、「現実的な弱者」という立場があるからこそ、とれるスタンスでもあります。
 もし、私が言論でそれなりに食べられるようになった時に、今のスタンスを続けていても、それは「持つ者の傲慢」と今現在の私が批判するものと同じことになってしまうように思います。食べられるのに弱者を自称するわけですから。
 すなわち、裕福な立場で今の言論を続けることは、嘘になってしまうのではないかと。

 雨宮さんとの話の中でも出たのですが、やはり自らの立場に余裕があればあるほど、左側になりやすいと。そして私も、「何か書く」にしても、以前のような「ストレス解消程度に、社会に対する不満を、ネットにアップする」ような生活の方が楽だと考えているわけです。楽な立場を得て、わざわざ他者と衝突する必要はないのですから。
 で、そこに堕してしまったのが、普通に生活のできる安定労働層の貧困労働層に対する無理解を批判できない左派だと思います。私はそれを批判しているので、私がそうなってはいけないのです。

 そのような「楽」さにどのように対抗し、これからも弱者の側として物事を論じていくのかが、今後の課題になっていくわけです。
 これは自覚的に考えておく必要があります。
(もっもと、本当に筆一本で喰えるようになるのかが分からないので、当面は今のスタンスで問題はないと思うのですが)

個別ページ表示 | トラックバック (1)

2007年04月17日
 ■ メモ書きだけ、ささっと

さて、そろそろ本格的に次のことをしなければならない時期なのですが……

ただのメモ。

 戦後民主主義社会の「平等」とは、「全ての人間は平等である」という人権ベースの平等ではなく、「カネに貴賤はない」という金銭ベースでの平等観(一億総中流という考え方)であって、そのことが「カネがない」人に対する差別的態度を誘導している。

 バブル以前に「男が稼ぐ金」というのは「家に支払われる金」すなわち、妻や両親、子供などを養うための金であって、個人に支払われる金ではなかった。
 当時、社民党であったか、まだ社会党であったかは忘れたが(いつの記事だったか、調べること)、主婦労働をバイトの時給に換算して、「主婦はこれだけの労働をしている」と発表したことがあった。家事労働が「金銭換算されるべきもの」と化した。
 この頃に、平等が人権ベースから、金銭ベースに移行したと思われる。(もっとも、かつての人権ベースの基盤は「個人」ではなく、「家」や「地盤」といったものであった。ホリエモンの「金で買えないものはない」関連を参照)

 フェミは女性差別の一例として「ガラスの天井」などと言うが、男に支払われる金は「家に支払われる金」であるから、金額が高いのであって、男性を養う意識がない女性に対して、高い金を支払う必要はないし、支払うことはむしろ差別であるといえる。少子化、核家族、共働きを前提とした生活モデルを前提にするなら、もっと個人の給料が安くてもいいという考え方があってもいい(1.5稼ぎモデル)。ただし、そのモデルでは単身者は生きていけない。
 また、厚生年金の夫婦分割の件についても、これは厚生年金の支払い先が「(労働者である)夫」ではなく、「夫婦という家」であったからこそ可能な解釈であって、これを個人の収入だと言うことにしてしまえば、分割そのものがナンセンスになってしまう。ガラスの天井に文句を言うフェミは、厚生年金の50%分割にも異を唱えるべきである。「分割は、給与を受給する「夫」が、個人の責任において決定するべきであって、国が一意に決定するべきではない」と。

 ルート1:現状の金銭ベースの平等に対する自覚と、その徹底。現状では中途半端に福祉が混じってしまい、既得権益者優位に。甘えたリバタリアンを排除。右左翼の争いはこのルート上でしか行なわれていない。
 ルート2:人権ベース(個人)への移行。私の取りたいルート(理想)
 ルート3:地盤などのコミュニティー主導への回帰。右傾化。私が取りたいルート(現実)

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2007年04月12日
 ■ お久しぶりです

終わったああああああああああああ。
 原稿終わったあああああああああああああ。
 終わったあああああああああああああ。

 ……まだ直しがあるんですけどね。

 というわけで、ひとまず肩の荷が降りました。

 ……まだ直しが、とくに〆の部分がいろいろと悩み過ぎて、よくわからないことになっています。
 最初はあっさりした結論を用意していたのですが、それではどうもあまりにキレイになり過ぎて、思考の余地が生まれないと考えてしまって、分量と〆切の時間との兼ね合いが……

 この話はやめましょう。
 とりあえず今は開放感に浸りながら、バカみたいな文章を書きたい気分なので、久しぶりに更新です。
 本当は3月いっぱいで原稿終わらせる予定だったんですけどねぇ。

「らき☆すた」OP、中毒性高し、危険。(youtubeだと、音質画質が悪いので、中毒性低し)
 「京アニ」と「ランティス」の組み合わせはもはや凶器。
 つか、畑亜貴はメジャーになりすぎだろう。

サンデージャポン、街頭インタビューに「仕込み」
 TBSの「バラエティー番組なので演出の範囲内」なる発言は極めて悪質ですね。
 バラエティー的にニュースを扱って、他者の人権を誹謗中傷してもいいってことですから。
 特に、ニートやオタクといった弱者が、ニュースという視点で笑いの対象になってしまいます。
 本来、笑いとニュースというのは、貧民代表であるお笑いが、強者をちゃかすのが筋なのですが、もはやタレント化して、大金持ちの強者になってしまったお笑いタレントが、弱者イジメという誘惑にブレーキをかけられるとは思えません。

えーとねー。今回原稿を書いている最中にいろいろあったんですよ。
 前回、「キーボードが壊れた」ことはお伝えしましたね。
 で、結局、「HHKB Lite2 for Mac」を買いまして、自宅のMacに接続したんですね。
 ……動かない。
 電気が足りないのかなと思って、セルフパワーのUSBハブに繋いでみてもダメ。
 付属ドライバーに入っているコントロールパネルでは、反応するんだけど、その他の部分では全く動かない。

 ……まぁ、いいです。
 HHKBの販売をしているPFUの名誉のために言っておきますが、これは断じて初期不良ではありません。
 だって、FAQページに「付属のドライバは、サードパーティ製のUSBインタフェースカードを実装したパソコンでは動作しません。」ってちゃんと書いてあるもん。
 で、俺はこれを読んだうえで「ええい、ままよ!」って買ったんだもん。
 それで動かないのは自己責任だもん。ぐすん。

 つか、俺のMacはADB時代のPCI PowerMacだからね。USBなんか標準装備な訳がない。後づけでくっつけたものですよ。
 でも、マウスもプリンタもカードリーダーも動くから、キーボードもなんとかなるだろうと思ったんだけど、なんともならなかったね。
 いいんですよ、べつに。そのうちにMacMINIを買った時に、使いたおす予定ですし、当面はノートに繋いでWin用のキーボードとして使えばいいんですから。


 で、それはそうと、どうにせよ親指シフトができるキーボードがないわけにもいかないじゃないですか。ローマ字打ちでは原稿を書きたくないですし。
 前回「手に入れにくいけど、入れやすくもない」と言っていたADBの「Apple keyboard II J」。
 最初はオークションで手に入れようと考えていて、いくつか確認したんだけど、ふと思い立って「Do-夢」のサイトにいってみると……

 ありましたー!!
 しかも、未使用品だってさ!! マジで?!

 で、当然購入したわけですが、これだけ買うと、商品価格以上の送料がかかるので、ついでにWinノート用の512M DDRメモリーを中古で購入。最近DDR2は値下がりしているようだけど、DDRはほんとど安くなっていないので。512Mで5000円程度なら、妥当な価格でしょう。メモリはモニターと違ってそんなに劣化するものではないので、中古でも十分です。

 そんなこんなで、家にやってきたキレイな新品だけどレガシーなキーボード。マイナスドライバーで慎重に「スペース」と「かな」と「英数」を取り去って、サクサク改造したのです。そんなこんなで、親指シフト環境が復活しました。めでたしめでたし。(今思うと、予備にもうひとつキーボード買っておくんだったな)



 ああ、そうそう、あと、キーボードが壊れたちょっと後に、WinノートのOSが起動しなくなって、ハードディスクすべて消去して、再インストールしたんだよ。くすす。
 再インストールはHDベースだったので、ハードディスクが電気的に破損していたらアウトだったね。

個別ページ表示 | トラックバック (1)