《 年金制度に反対します | メイン | 選挙も終わった 》

2007年07月26日

 ■ 内田樹はまだ現実に気付かないのでした

仙台の給食はどうなってるんだ?
 給食費未払いの問題ではなく、なんかメタボとか生活習慣病のような、健康の過大視問題のような気がする。子供に必要なカロリーを厳密に考え過ぎているような。

今売りの「SPA!」で、神足裕司がネットカフェ難民の現状に気づいたようです。
 一時期を日雇い労働者として過ごした彼が、「貧困を経験した」と思っていた物が、決して貧困では無かったことに、ついに気付きました。

 神足裕司は、少し前に亡くなった渡辺和博と共に「金塊巻」という本を出版し、「マル金、マルビ」という言葉を産み出しました。
 ここでいう「マル金、マルビ」というのは、あくまでも「同じ職業でお金を持っているマル金と、貧乏なマルビ」という意味であり、マルビはみすぼらしくても決して食うに困るような意味ではありませんでした。当時の一億総中流から脱し、一億総上層を目指す経済状況、そして「貧困なき社会」を象徴するような本でした。

 今だに経済成長下での貧困しか想像できず、「自己責任」という戯言がまかり通る時代に、「経済成長下での貧困」を象徴した「マルビ」という言葉を作った神足が「今のネットカフェ難民は、かつての日雇い労働者よりもヒドイ状況にある」と気づいたのは、大きな希望だと思うのですが、どうでしょうか?

図書館に出かけようとしたら、佐野くんだりまで岡田克也が来て、応援演説をしていた。
 栃木選挙区は改正前2議席だったのが改正で1議席になり、自民と民主で一騎討ちをしているので、重点区なんですよね。まぁ、ご苦労様なことで。
 内容はやっぱり「年金」ばっかりでした。年金が差別的な制度だなんて意識は毛頭ないみたい。別に民主だけじゃなくて、全ての政党がそうだけどさ。

 いろいろ考えたけど、若い人にとって一番有利な主張をしている政党は、低所得者向け住宅という政策をもつ、黒川紀章の「共生新党」か。最後まで天木直人の「9条ネット」と迷ったんだけど。
 いや、どっちも議席獲れないだろうし、どうでもいいといってはどうでもいいんだけど。

内田樹先生が、またバカなことを言ってらぁ。
格差社会って何だろう

私自身は、私たちの社会が住みにくくなってきた理由のひとつは「金さえあればとりあえずすべての問題は解決できる」という拝金主義イデオロギーがあまりにひろく瀰漫したことにあると考えている。
「格差社会」というのは、格差が拡大し、固定化した社会というよりはむしろ「金の全能性」が過大評価され、その結果「人間を序列化する基準として金以外のものさしがなくなった社会」 のことではないのか。

 ホリエモンはこう言いました。
「世の中にカネで買えないものなんて、あるわけない」
「カネで買えないものは、差別につながる。血筋、家柄、毛並み。世界で唯一、カネだけが無色透明で、フェアな基準ではないか」

 内田のいう「人間を序列化する基準として金以外のものさし」という幻想を、堀江は2005年の時点で「差別に繋がるものだ」と看破しています。堀江はとっくに気づいていました。

私は長い間同年齢の人々の平均年収のはるか下、底辺近い「貧困」のうちにあった。
だが、私はいつでもたいへん陽気に過ごしていた。
ご飯を食べる金がないときも、家賃を払う金がないときも、私はつねにお気楽な人間であり、にこにこ笑って本を読んだり、音楽を聴いたり、麻雀をしたりしていた。
たいていそのうち誰かが心配して、私のために手近なバイトを探して来てくれたので、間一髪のところを何度もしのぐことができたのである。

 昔のような大家さんが個人的に管理をしているようなアパートは、今ではほとんどなくなり、管理会社に委託されたアパートや、レオパレスのような住民の権利を保証しない住居が増えました。こうした場所では家賃を滞納すれば、ビジネスライクに追い出されます。
 また、今の時代では、私のように「誰か雇ってくれ」ということを論座というリベラルな人たちが読んでいる雑誌で叫んでも、誰も「じゃあ、うちで雇ってあげるよ」なんて声をかけてくれません。(もちろん、ライターとしての仕事が増えたのはありがたいのですが、生活は決して安定しません)
 そして、この内田の「余裕さ」こそが、彼自身が決して「貧困など経験していなかった」ことの証明なのです。
 上記の「SPA!」の記事で、神足裕司は「貧困など経験していなかった」ことに、やっと気付きました。

私はシュシャーニ師のような人に生活できる程度の年金が支払われる社会を実現することよりも、師のような人が十分な知的敬意を以て遇される社会を実現することの方が、ずっと大切ではないかと思う。

 「知的敬意を以て遇される」べきなのは、社会の現状に気付くことができる程度に、知性ある人です。

 堀江貴文は知的敬意を以て遇されるべきです。
 神足裕司は知的敬意を以て遇されるべきです。
 内田樹は知的敬意を以て遇されるべきではありません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.journalism.jp/mt/mt-tb.cgi/3193

このリストは、次のエントリーを参照しています: 内田樹はまだ現実に気付かないのでした:

『新・批評の事情』と内田樹の格差社会発言関連まとめ―智の配分/富の配分について from ニートホープ
『新・批評の事情―不良のための論壇案内』に萱野稔人が入らなかったのはニアミスだったんだろうなぁ。 酒井隆史とか矢部史郎と山の手緑らの『VOL』系論客が入... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月28日 18:48

[Society] 年収を勘定に入れたことは一度もない。 from hotsumaのURLメモ。
私がご友誼をたまわっている知友の中には資産数億の人から年収数十万の人までいるが、私が彼らの人間的価値を評価するときに、年収を勘定に入れたことは一度もない... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月31日 21:19

ブラック企業の内幕 from フリーターが語る渡り奉公人事情
京阪神在住の20代半ばの専門学校生Dさんからお話をうかがった。 彼は、社長の家に生まれ、小学校受験も経験。全国的にも有名小学校に在籍していた。 だが、親... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月12日 08:20

「世界で唯一、カネだけが無色透明で、フェアな基準」考 from タカマサのきまぐれ時評2
■「世界で唯一、カネだけが無色透明で、フェアな基準ã... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月10日 10:21

日本経済の動き:現代の経済成長と財政の姿 from ビジネス快進撃 メルマガ
経済活動の水準を示す実質GDPはここ数年増加傾向にあり、2006年度のGDP実質成長率は2.4%でした。一方、経済活動の規模を示す名目GDP1ha,200... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年02月20日 14:34