《 「横の連帯」「縦の連帯」 | メイン | 一生懸命に書きました 》

2007年10月19日

 ■ あの「少年犯罪データベース」さんの本が出ます

[PR] 初単行本『若者を見殺しにする国』 アマゾンで絶賛予約受付中
 1575円なので、単品購入でも送料無料です。

現在の少年に対する「心の闇」論にトドメを刺す1冊 『戦前の少年犯罪』

 心ある少年犯罪研究者が、みんな参考にしている「少年犯罪データベース」の管賀江留郎さんが執筆した『戦前の少年犯罪』が、10月25日にいよいよ発売されます。ということは、私の本と同日ですね。

 実は本を管理人さんからいただいて、もう私の手元にあるのですが、本を開くと、いきなり小学生がナイフや雪駄(!)で、パッカパッカと人を殺しております。「最近の子供はナイフで鉛筆を削ることもできない」などとご高説をたれ流す人もいますが、戦前の小学生たちは鉛筆を削った肥後の守で、他人の命も削っていたのです。

 とにかくこんな少年犯罪が、一冊分まるまる詰まっています。
 もし、これを読んだあとで、「最近の少年犯罪は凶悪化している!」などといえる人間がいたとしたら、その人には日本語を読む能力がないと言ってしまっていいでしょう。また、この本が出た後にそのようなことをいえる人間は、この本が存在することすら調べてないのでしょうから、その発言は何ら信頼するに値しません。
 今後は、少年凶悪化言説をたれ流す人間に対しては「『戦前の少年犯罪』も読んでないの?」と一言言うだけで、反論が完了することになります。まぁ、今までだって「少年犯罪データベース読んでないの?」ですんだのですが、書籍という形で発売されることによって、その必要性はいっそう揺るぎないものになるでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.journalism.jp/mt/mt-tb.cgi/3212

このリストは、次のエントリーを参照しています: あの「少年犯罪データベース」さんの本が出ます:

普通の科学者の気持ちを代弁すると… from 室井健亮の憂言記
原罪とは人間の認識や行為は全て間違いだという観念です。可謬性(誤ることもある)ではなく必謬性(必ず誤る)です。 まもなく『挑発する知』文庫版が筑摩書房か... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月05日 00:33

( 少年犯罪 )についての最新のブログのリンク集 from クチコミコミュニケーション
少年犯罪に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月07日 14:58