《 2007年10月 | メイン | 2007年12月 》

2007年11月30日
 ■ いろいろと入手

仕事中で煮詰まっているので、気晴らしに日記を書くことにします。
 ついに買いました。ちゃんとした親指シフトキーボード。
 富士通コンポーネントのUSB親指シフトキーボード「FKB8579-661EV」です。

親指シフトキーボード

 これでvistaでも親指シフトキーボードを使えるようになりました。
 で、写真を見ていただきたいのですが、上が今まで使ってきたApple keyboard2を親指化したもの。下が新しく購入したFKB8579-661EV。上のキーボードの最下部、黒ずんでいる(笑)部分が、親指シフトキーとして使っている部分です。これが、左側はCキーの下で、FKB8579-661EVとの差はあまりないのですが、右側がMキーの右下であるのに対し、FKB8579-661EVではNキーの下と、かなりのズレがあります。
 で、これが無意識に打っていると、「右親指」キーを押しているつもりが、Mキーの右下にある「空白」キーを押そうとしてしまっている事があり、その辺の違和感がまだ抜けません。
 とはいえ、この辺は慣れですし、今後は執筆環境、すなわちパソコン作業のベースを基本的にvista側に移してしまおうと考えてますので、今後は当面このキーボードに頼っていくことになります。

 さらに、東京に移動する機会が増えたため、どこでも仕事ができるようにモバイル機も購入するつもりですが、Macbookにするか、FMVのLOOX Uシリーズにするか、迷ってるんですよねぇ。LOOX Uシリーズは、最初に見た時にvista搭載のものしか見当たらなかったので、やめようとも思ったのですが、XP搭載のものもあるのがわかったので、どうしようか迷っています。やっぱりMacが好きなのでレパード環境も欲しいけど、モバイル性能を考えれば、圧倒的にLOOX Uですし。
 でも、LOOX Uを買って、ついでにMacMiniも買うとかすると、散財が過ぎますね。
 さて、どうしましょうか。

あ、そうだそうだ。
 ちなみに上の写真を撮影したのは、武田さんも言及している、JCで一緒に学んだ皆さんから出版記念としてプレゼントしていただいたデジカメです。
 必須ではないものの、あれば確実に便利で、かつ自分では買わないようなものということで、主婦の食器洗い機に匹敵する非常にありがたいプレゼントだと思います。本当にありがとうございます。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2007年11月27日
 ■ レーダーマン

SPA!の12月4日号「エッジな人々」のコーナーに、インタビューが掲載されています。
 まだ誌面を確認してないのですが、いい写真が撮れているそうです。(双風舎 谷川さん情報)

 ウェブサイトを確認したら、同じ号に平野綾が出ているな。一緒の号に出られるとは、至福の極みアッー!

「JC Nex」に出演しました。
 私と革命的非モテ同盟の古澤克大さんがゲストです。

谷川さんが戸川純の話を書いているので、映像分を補足。ニコニコ動画はアカウントがないと見られません。

 ・戸川純が歌う「レーダーマン」(youtube
 ライブバージョンですが、まぁオリジナルです。本当のオリジナルはハルメンズというツッコミは無用ですよ。

 ・初音ミクが歌う「レーダーマン」(youtube
 話題の初音ミクも歌っています。

 ・アイマスMADで「レーダーマン」(ニコニコ動画
 ニコニコのアイマスMADは、本当に幅が広すぎ。

 ・アイマスMADで「好き好き大好き」(ニコニコ動画
 ニコニコにアップされている戸川のアイマスMADでは、これが一番好き。

 他にもいっぱいありますが、キリがないので、これだけ。
 後は適当に検索でもしてください。

個別ページ表示 | トラックバック (1)

2007年11月23日
 ■ 同情による救済より、社会責任による救済

最近はなんか一週間が過ぎるのが早いですね。
 で、Winのデスクトップを買って、さすがに性能差があるので、メインの環境をWinに移行中。
 ひとまずメーラーをMacのEudoraからWinのThunderbirdに移行中。
 Eudoraはフリーの時代からずーっと使ってきたメーラーで、自分のネット歴で最も長く使ってきたアプリケーションです。
 で、Eudoraの動作として基本的には全てのメールを「受信」に入れて、自動的にスパムやフィルタリングなどがされているメールを他に移動させるという作法なんだけど、Thunderbirdの場合は基本的にはスパムを自動移動してくれないらしく、受信トレイに溜まったスパムメールを手動で「Junk」に移動させる。
 そういう仕様のために、必要なメールはすべて何らかのフィルタリングを実行して、先に移動させておかなければならないという面倒くささ……。しかもなぜか知らないけど、受信時にしかフィルタリング実行されないから、既に受信トレイにあるメールは手動で移動しないといけないし。
 ひょっとしたら設定を間違っているのかも知れないけど、もうちょっと……。別にWin版のEudora使えばいいんだけど、日本でのサポートが終わってるしなぁ。

ミシュランガイド売れてるらしいねぇ。
 なにがすきやばし次郎だ! 貧乏人にはラーメン二郎が3つ星ですよ。
 同じ企業宣伝目的なら、どんなにくだらない記録でも世界一認定するギネスブックのほうがよっぽど面白いってんだ。タイヤ屋のクセに生意気だ。

もう、フリーターなどの貧困労働層を撮影して「こんなに不幸な人たちがいる」と、テレビで放送する手法は、限界だと個人的には思っているんですよ。
 結局それは、貧困労働層を「不幸なキャラ」として認識し、それに対して「かわいそう」と思う人がいれば、その一方で「不幸なキャラなんだから不幸でいいだろ」と思う人がいて、その認識の壁を、より強固にしているだけという気がしますね。
 そしてこの手法では「かわいそう」と思っている人間にしか訴えていないし、さらにそうした人間たちが今まで結局なにもしなかったという実績を考えても、もう「不幸な貧困労働層」という提示は、限界を迎えているのだと思うわけです。

 私が考えるのは、個人の不幸を救うのは、個人の友愛ではなく、社会責任であって、とことんそれを追求していくしかないということです。
 そして社会責任を持つのは、決して一部の富裕層や企業だけではなく、全ての国民なのです。富裕層は当然、安定労働層も当たり前に、さらには貧困労働層ですら、貧困労働層を救う責任を負っています。
 そして、貧困労働層は、当人が貧困労働層として働くことで、すなわち個人のさまざまな欲望を抑え込んで低賃金で働き、バブルの後始末をしているということで、既に責任を果たしています。
 今だに、なんら責任を果たしていないのは、富裕層、そして安定労働層です。
 だから私はこの二者に対して、等しく責任を追及していきたいと考えています。

個別ページ表示 | トラックバック (1)

2007年11月16日
 ■ いろいろ買いたいものがあり過ぎる

また、一週間も間があいてしまいました。
 さて、新しいパソコンがとどきました。
 ちなみに上に載っている緑色の物体は、壊れたノートのハードディスクを外付化したものです。中のデータは無事でした。

新しいPC

 Windowsエクスプリエンスインデックスの基本スコアは堂々の「5」ですよ。
 自分の用途としては少々オーバースペックですが、これで5年は使えるでしょうし、グラフィック関係は一番陳腐化しやすい部分なので、最初っからそれなりのモノを買っておいて損はないかなと思います。
 そのうちFPSの体験版でも入れて、性能をチェックしてみたいとは思っています。

 次は、液晶モニターを買ってデュアルモニター環境にするのと、ちゃんとした親指シフトキーボードを買うこと。それと、前々から買おうと考えていたイスを購入したいと思っています。

お仕事情報。
 「ナイスポ」11月22日号の5面に、インタビュー記事が掲載されています。
 言論を主とするメディア以外にも注目されつつあることは、大変ありがたいことだと思っております。

前回もお伝えしましたが、紀伊國屋書店新宿南店でトークイベントがあります。
 この間、ちょっと行って写真をとってきましたので、紹介します。
 ちなみに、新宿本店の様子は、キャンペーンBlogでどうぞ。

紀伊國屋書店新宿南店 書棚

 論座のバックナンバーと、雨宮さんの著作とともに、並べられています。
 左下に見えるのが、トークイベントのチラシですね。

紀伊國屋書店新宿南店 ポスター

 エスカレーター脇に貼られているポスターです。

 紀伊國屋書店、新宿本店様、新宿南店様、どうもありがとうございます。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2007年11月09日
 ■ サイン会?

オールニートニッポン事務局から、プレスリリースが届きました。

 新番組 月乃光司と戸川純ハート温泉について

 悩み多き時代に、ニートのためのインターネットラジオ「オールニートニッポン」では、新しいタイプの人生相談番組をお届け致します。
 現代の日本の若者は、不登校、引きこもり、格差社会、様々な「生きづらさ」や「悩み」を持つ時代です。
 リスナーからの「悩み」のメールを募集して、それに対して、ナビゲーターの月乃光司(作家)と戸川純(歌手・女優)が感想を話し合います。番組を聴いている方々に、「悩み」のメールの紹介により「悩みを持っているのは私だけではないんだ」という共感を得ていただき、ざっくばらんな感想の喋りあいにより、「悩み」をいろんな側面から見る客観性の取り方を感じてもらいます。二人がどのように問題を乗り越えてきたかを具体例として示します。ナビゲーターが答えを一方的に与えるのではなく、答えを導き出していくヒントの取り方をユーモアを込めて「相談者とナビゲーターとリスナー」が共に分かち合える場を作ります。
 多くの方々に番組の趣旨が届くように、このラジオ番組を取り扱っていただけることを希望致します。よろしくお願い致します。

■番組タイトル 「月乃光司と戸川純 ハート温泉」
■放送日時
毎月第2第4木曜日22:00〜22:30 位2007 年12 月13 日(金)開始
オールニートニッポンホームページ(http://www.allneetnippon.jp/)より放送
(音楽あり!ストリーミング放送)
翌日金曜日からオンデマンド放送(いつでもお聴きになれます。音楽はありません)
■出演者プロフィール
月乃光司(Tukino Kouzi)
1965 年生まれ。作家、詩人、こわれ者の祭典代表。いじめ被害者、不登校、引きこもり、アルコール依存症を乗り越えて、現在は会社員として働きながら執筆、イベント主催など様々な表現活動を行う。自伝的小説『窓の外は青』により新潟出版文化賞文芸賞。新潟薬科大学応用生命科学科非常勤講師。自作詩の朗読活動を行い、NHK「福祉ネットワーク」フジテレビ「スーパーニュース」で取り上げられて全国的な注目を集める。
■戸川純(Togawa Jun)
女優、歌手。映画、ドラマ、舞台、CM など出演作多数。CM『TOTO ウォシュレット』(1982 年から1995 年)、映画『釣りバカ日誌』(1 作目から7 作目)、映画『いかしたベイビー』(1991 年。監督・脚本・主演)、近作に二人芝居『ラスト・デイト』(06 年)など。ソロ、ヤプーズ、ギミギミギミックスとして音楽活動も行っている。作品に『玉姫様』(1984 年)、『好き好き大好き』(1985 年)、『昭和享年』(1989 年)など多数。

 戸川純とな!!
 拙者の大好物でござる!!
 そのうち、ゲストにでも呼んでもらおうか……

双風舎からもお知らせです。

<紀伊國屋書店新宿南店トークイベント>

『若者を見殺しにする国』(双風舎)刊行記念トークセッション
赤木智弘×宮台真司×藤井誠二
いまのニッポン、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか
—若者から見た右翼と左翼—

出演者:
赤木智弘 1975年、栃木県生まれ。フリーライター兼フリーター。『若者を見殺しにする国』はデビュー作。
宮台真司 1959年、宮城県生まれ。社会学者。首都大学東京教授。著書多数。

司会:
藤井誠二 1965年、愛知県生まれ。ノンフィクション作家。著書多数。

日 時:  12月9日(日) 13:00開演(12:30開場)
会 場:  新宿・紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7F)
料 金:  前売1,000円(全席自由、税込)
チケット発売日:  11月8日(木)
チケット取扱:  キノチケットカウンター(新宿本店5F/受付時間10:00〜18:30)、または紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7F/受付時間10:00〜18:30)まで
予 約:
<電話予約>  03-5361-3321(10:00〜18:30)
<メール予約受付>  jg02@kinokuniya.co.jp

※メールでお申込みの際は、お名前、ふりがな、メールアドレス、お電話番号、講演会タイトル、ご希望枚数をご記入下さい。折り返しご予約完了のメールをお送りします。
※予約完了後のキャンセル変更はできません。
※お申込みより3日以上経過しても確認のメールが届かない場合は、メールまたはお電話にてその旨お問合わせ下さい。
※お送りいただきました個人情報は個人情報保護法に基づき、本件以外の目的では使用いたしません。

お問合せ:  紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7F/受付時間10:00〜18:30)

サイン会:
トーク終了後に、3氏のサイン会を予定しております。当日会場ロビーにて、3氏の著作をお買い上げの先着150名様にサイン会整理券を配布いたします。

・イベントの期間・内容については急な変更等ある場合がございます。詳細は上記にお問い合わせください。
・定員になり次第、チケットの販売を終了させていただきます。尚、当サイトでのチケット販売終了のご案内は遅れる場合があります。チケットの残数については上記にお問合せください。

 おいおいおいおい 聞いてないよー。って、いつのダチョウ倶楽部だよ。
 これは本来、別のイベントだったはずじゃん。別のイベントでも話す内容は変わらないんだけどさ。
 あと、サイン会は本当に聞いてないよ。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2007年11月08日
 ■ せめてあと3ヶ月後なら、もう少し悠長でいられるのに

まいった。
 仕事で東京に行ってきて酔っぱらって帰って来て、メールチェックでもしようと、ノートパソコンの電源ボタンをおしたら、うんともすんともいいませんよ。俗に言う「通電しない」状態。
 ちなみに、ノートパソコンは武田さんのもので、俺が借りているという形。もう3年ぐらい借りていて、液晶も割っちゃったしさ。満身創痍の状態で使い続けていたら、とうとう電源が入らなくなりましたよ。お疲れ様でした。

 で、今残っているのが、もういいかげん買い替えろよというG3Mac。しかも、CPUはカード乗せかえで、標準だとUSBもついてない機種、もちろんUSBカード刺してるけど。たしか10年前ぐらいのモデル。
 で、このG3Macだと、ネット上の動画とかは見られないし、普通にBlogなんかを見ていても、表示がもたつく状態なので、やっぱり何かを買わないといけない。
 さて、こうなった時に、Macを買い替えようか、それともWin機を新たに購入しようかということだけれども、やっぱりOSが両方使えた方が便利なんだよね。だからまぁ今回は、Win機のデスクトップの安いのでも買っておこうと思います。その分、ゲーム機は半年ぐらい、Macの買い替えは来年末での収入調整としてかな。
 ただ、やっぱりメーカー品は高いので、ショップオリジナルのやつで、標準だとビデオカードが少々貧弱でVistaは厳しいけれど、拡張性十分で、カード乗せかえればいつでもVistaに移行できるXPマシンを買おうかと。モニターはCPU切替機があるからMacと兼用でいいし、Winで使えるキーボードもマウスも揃ってる。買うのはOS込みの本体だけでいい。

 しかし、あと3ヶ月ぐらいあとだったら、連載や単行本の印税なんかも入っているだろうから、もう少し上のモデルを買ってもいいんだけど、今はまだ金銭的に苦しいです。
 まぁあれか、2007年分の経費にしちゃえばいいか。白色だけど(来年からは青色予定)多分、これを買っても赤にはならないだろう。

 それはそれとして、ひとまずハードディスクはサルベージしないと。
 内蔵2.5インチ用のUSB接続ハードディスクケースが必要か。このマシンの発売時期を考えれば、間違いなくSATAではないだろうから、内蔵するのも面倒だし。

新しいWin機、注文した。
 この際だから、Vistaが十分つかえる機種にしてみた。
 ノートは、あとでバラして、一応電源ユニットのチェックと、ボタン電池の交換だけしてみるか。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2007年11月07日
 ■ 自民党と民主党が連立したら、自由民主党

[PR] 初単行本『若者を見殺しにする国』好評発売中

『若者を見殺しにする国』の重版が決まりました。ありがとうございます。

 今後も、さまざまなイベントなどを谷川さんが企画してくれると思うので、ご支援、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
 また、お仕事もまだまだできる余裕がありますので、なにかありましたら、よろしくお願いいたします。
 個人的には収入が安定する連載ものや、柱の1つにしたいと思っているTVゲームの仕事をやっていきたいと考えています。

小沢。
 もう民主党の自爆癖はダチョウ倶楽部の域に達しているな。
 明らかに地面の色が変わっていて、落とし穴がありそうな場所に走っていったり、発泡スチロールの家にホイホイ入っていって、爆破されたりする。
 ニュース見てたら福島みずほがなんか批判してたけど、社民党は自民党との大連立をして大失敗した過去を忘れているのか?
 あれか。小沢は「自由党」から「民主党」になったから、次は当然「自由民主党」なのか。(つまんない)

個別ページ表示 | トラックバック (0)