《 2008年01月 | メイン | 2008年03月 》

2008年02月23日
 ■ ロフトプラスワンでイベント。不正義の平和よりも希望の戦争を

なんか最近は本当に休みがほとんどない状態です。
 で、今回は仕事の話のみ。

 いよいよ明日。24(日)。ロフトプラスワンでイベントですね。
 昼の1時30分開演ですので、よろしくお願いします。


「不正義の平和よりも希望の戦争を」

『論座 』誌上で「希望は戦争」と宣言して巨大な反響を巻き起こした赤木智弘と、「正義の戦争」を唱え続けるファシスト佐藤悟志が、不正と格差に満ちた現在の平和を罵り倒し、市民運動業界の禁句「戦争」を正当化する!
【司会】佐藤悟志(『青狼会』総統/『売春の自由党』事務局長)
【Guest】赤木智弘(『若者を見殺しにする国』著者)

Open13:00/Start13:30
¥1000(飲食代別)

 内容については、フタを開けて見ないと分かりません。
 さてさて、どうなることやら。

個別ページ表示 | トラックバック (2)

2008年02月09日
 ■ 無駄な道路をつくるな

さて、そろそろ「希望は戦争FAQ」にも、手をつけていくことにしましょうか。(まだやってなかったのかよ!)

 お仕事の話。
 「論座」3月号に、「誰に、希望をつなぐのか」という、ロスジェネの方を向いた話を書いています。
 「文學界」3月号に、「がんはらない人間」という、伊集院光の話を書いています。
 よろしくお願いします。

最近はあんまり報道されなくなってきたガソリン高騰問題だけど、そのなかに「暫定税率を切り下げろ」という話がある。そしてその「切り下げの猶予」として「無駄な道路」があげられることがある。
 でも「無駄な道路」って、本当にあるのか?

 よく、「こんな田舎に、毎日10数人しか利用しない、こんな立派な道路があって、建設費用がいくらいくらで、これは無駄な道路だ!」なんていう人がいるけれども、その「毎日使う10数人」にとっては、必要な道路なんだろ。
 じゃあ、これが無駄だというなら、その10数人には道は必要ない、もしくは路肩が崩れそうな道路を恐々走っていれば、いいということなのか。
 国は「平等」を守らなければならないのだから、都会のど真ん中に住んでいる人にも、田舎の隅っこに住んでいる人にも、同じサービスを与えるのが当たり前なのだ。ならば道路ができるのも、当たり前ではないか。
 それでも、無駄な道路をつくるなというなら、同時に田舎の隅っこに住んでいる人に対して、「そういうところに住むと、国はそこまでサービスを延長しなければならなくてお金がかかるから、そんなところに住むな!」という必要がある。
 逆に「そういうところを選んで住んでいるのだから、国はそうしたわがままな人たちに対して、サービスを提供する必要はない」という考え方もある。いわゆる「無駄な道路論」というのは突き詰めればここに達するはずなのだが、たいてい無駄な道路を糾弾する人たちは、無駄な道路を使わないと生活できない人を糾弾しない。エエカッコしいなんだろうな。

 「居住地の自由」と「無駄な道路をなくせ」の論理は相いれない。無駄な道路を受け入れて居住地の自由を守るのか、居住地の自由を制限しても無駄な道路をなくすのか。
 箱物行政批判は一見簡単に見えるけど、実は全然簡単じゃない。

個別ページ表示 | トラックバック (2)