《 2008年03月 | メイン | 2008年06月 》

2008年04月29日
 ■ 右翼はチベット人の命を政治利用するな

大切なお知らせを忘れていた。
 インターネットラジオ、blue-radio.comの番組「烏賀陽弘道のU-NOTE」に出演しました。ぜひご視聴ください。
 烏賀陽さんといえばオリコンでのふざけた判決が出ましたが、この収録時はまだ判決前ですね。

ニコニコなんかで、長野聖火リレー関連の動画をみたけど、ヒドイねえ。
 長野県警が中国国旗を持っている人間を聖火の側にあつめて、日本人やチベット国旗を持っている人を隔離する売国ぶりもひどいけど、駅前で「中国人を日本から追い出せ」とかいっている右翼もヒドイ。中国人を日本から追い出すことと、チベット問題はなんの関係もない。

「中国人を日本からたたき出せ」
「フリーチベット! フリーチベット!」
「中国人を日本からたたき出せ」
「フリーチベット! フリーチベット!」
 フリーチベットが単なる合の手と化してしまっている。彼らが心の底からチベット人のことなんて考えていないことは明白だ。このような右翼にとって、チベット人の命など、中国人批判のためのコマセに過ぎないのだ。

 私は論理的整合性のないものを、心の底からキモいと思う。
 市場原理主義を語りながら、経営陣はいくら無能でも保護されるべきだと考えている新自由主義者も、
 平等を語りながら、正社員の利益しか守ろうとせず、非正規を踏み台にする左翼も、
 そして、中国人批判のためにチベット人の命を利用する右翼も、本当にキモイ。

反米嫌日戦線「狼」(醜敵殲滅)より
「世の中に無数にいるネトウヨより勘違いな人たち」

 世に倦む日日\(^o^)/オワタ
 「STOP THE THESSALONIKE」

厳罰化は残念なことだが、受け入れるべきことだ。凶悪犯罪を減らすためには社会を変えないといけない。凶悪犯罪はどうしてこれほど日本の社会で増えたのか。無論、経済不況で人心が荒廃したことも一因ではある。しかし、一言で言えば人間が変わったからである。日本人が変わったのだ。簡単に人を殺せる人間ばかりが増えた。冷酷で残忍な心を持った人間が増え、人を傷つける衝動を理性で抑制できなくなった。それは教育に原因がある。例えば教室でのいじめ自殺、これは集団による殺人行為だが、80年代の初めからこの国で頻繁に起きるようになり、現在では珍しい問題ではなくなり、人の心にすっかり免疫ができてしまった。日本人が変わっている。変わったから司法判断を変えなくてはいけなくなった。
http://critic3.exblog.jp/8454570/

 今更こんなことを言っているようでは、お話になりませんね。凶悪犯罪が減り続けていることは、もはや「信号機の赤は止まれ」というぐらいに当たり前の大前提です。
 本当に厳罰化が残念なのであれば、ネットでちょっと検索すれば厳罰化を否定するデータなんていくらでもでてくるのに、それすら知らないということは、最初っから厳罰化したくてしかたがないのでしょう。
 あと、この前で「この男が無期懲役の刑で10年後に娑婆に出てくれば」なんてことも書いていますが、無期懲役が平均25年を超える懲役刑であるということすら知らないようです。

 要は、社会を知らないアホタレが反小泉を前面に出して、既得利権を守ろうとしているという「いかにもなブサヨ」というのが「世に倦む日日」の正体だということです。まぁチベット問題を餌に民族嫌悪丸出しのウヨと同じですね。
 あと、間違いを指摘するコメントも消しているようですしね。ああ、このサイトは前からこういうサイトか。

 そいえば、俺も昔「世に倦む日日」を批判する文章を書いたなぁ、と思って調べてみた。
 「「世に倦む日日」の哀れな教育観 おじいちゃん、もうやめて(笑)」
 THESSALONIKEはDOSやEXCELの本は読んでも、警察白書なんかは読まないようです。本当に哀れだ。

個別ページ表示 | トラックバック (6)

2008年04月22日
 ■ 死よりも辛いこと

死刑判決ねぇ。
 死刑を讃美する人たちは、犯人に対して優しいねぇ(苦笑)

 私が犯罪被害者家族で、犯人に対して恨みを持っているのであれば、絶対に死刑なんていう「あの世への釈放」を許したりしないんだがなぁ。だいたいこの国では「死んだら仏様」(小泉純一郎)なんだから、死んだだけでどれだけ悪辣な犯罪でも、犯人が死ぬだけのことで、あっさりと浄化されてしまうわけだ。で、残された犯罪被害者家族はどうするんだ?
 私が犯罪被害者家族だとしたら、犯人に死んで仏様なんかになって欲しくない。かといって、犯人に対する更生なども期待しない。なんでそんなものを更生なんてさせて、社会に釈放してやらなければならないのか。
 結局、あの世にせよこの世にせよ、私が犯罪被害者家族だとすれば、ありとあらゆる釈放を許したくはない。犯罪者は社会に出るのでもなく、かといって死によって浄化されるのではなく、その狭間の自由なき留置場でも刑務所でもいいけど、そのような人の生きていく意味の存在しない場所で、存在価値もないままに、ただ自分の無意味な存在を見つめながら、むなしく永遠とも思われる時間を消費していって欲しい。そういう場所をキリスト教だとリンボといったような気がする。

 死刑こそが悪人に対して、もっとも厳しい刑罰だと思う人は、幸せな人たちだと思う。彼らは彼ら自身がこの世界に生きていることの意味を一度も疑ったことがないのだろう。生きていることは幸せで、死ぬことは辛いことだと思っているのだろう。でも、死なないことの方がよほどツライっていう人だって、この世にはたくさんいるんだよ。ましてや無為のまま生かされるなんて苦痛の極みだ。フリーターとしてそうした時間を長らく過ごすことを余儀なくされた私は、その辛さを良く知っている。

掲示板でのリクエストに答えて
 晋遊舎の「m9」という雑誌で、小飼弾さんとの対談を行いました。
 で、印象ですが、笑顔を絶やさないすごく人当たりの良い方でした。本当に全く偉ぶったところがなくて。でもやっぱり、ちゃんと芯を持った意見をもった方で、対談内容はいろいろと参考になりました。私も小飼さんと対談して以降、すこし自分の考え方を見つめ直したりしています。
 対談内容については、発売をお楽しみにということで。

個別ページ表示 | トラックバック (3)

2008年04月05日
 ■ 新宿御苑で桜を見てきた。

新宿御苑で桜を見てきた。
桜
 この日はぽかぽかというか、少し暑いぐらいで、多くの人でにぎわっていました。

そいえば、少し前からはてなダイアリーでニコニコ動画をコメント付きで貼れるようになっていて、しかもアカウント無しでもみられるようになっているので、お気に入りの動画をいくつか貼ってみようか。

 では、みなさん、はてなに移動です。

個別ページ表示 | トラックバック (0)