2006年08月10日
 ■ 『バックラッシュ!』非難の本質とは?(その2)

私の『バックラッシュ!』批判に対して、古くからの読者は「今までやってきたことと、まったく違う。彼は変わってしまったのか?」等、感じているのかもしれません。
 しかし、この件に関して、表面的な方法は変更しましたが、少なくとも自分の中では「ゲーム脳」あたりから私のやっていることは一貫しています。
 それは、権威主義に対するラジカルな批判です。

 そもそも「ゲーム脳」のような妄言がどうして世の中に大きく広まったのかを考えれば、森昭雄の持つ「日本大学教授」という肩書きが大きく作用していたと考えられます。
 たとえ専門分野が違ったとしても、そうした肩書きがあることによって、それが学問的だったり科学的だったりする、完全な真実だと思いこんでしまう。最も顕著な例になると、ただの歯科医が饒舌に子供の問題を語ってしまう丸橋賢のようなものまであります。
 そうした擬似科学が世間に蔓延った時に、では正しい科学は何をしているのかといえば、これをまったく無視するという方法を取ります。向こうは向こうでこれが擬似科学だと分かっているから、相手にしない。
 相手にしないと言えば聞こえはいいですが、彼らが擬似科学を相手にしない間に、当の擬似科学は社会に蔓延して「定説」として扱われてしまうわけです。
 ゲーム脳については、精神科医である斎藤環を唯一の例外として、この本の科学的な間違いを指摘しつづけたのは、名もなきWebの人たちでした。しかし、名もなきWebの人たちは、その名前のなさゆえに、いくら正しいことを発信しても、十分には社会に広まらないのです。軍備の潤沢なイスラエル軍に対して、パレスチナ人が石を投げて細々と抵抗するようなものでした。
 Webの人たちはそうした抵抗をくり返しながら、このような擬似科学が擬似科学として、正当な科学者に批判されるのを待ちつづけてきました。
 そして、ゲーム脳の話が既にほとんど離散し、もはやその他の擬似科学に拡散した最近になって、ようやく一部の脳科学者から少しずつ反論が出て来ましたが、メディアに対する返答のレベルであって、研究としての批判ではありませんでした。そういう意味で『ゲーム脳の恐怖』以上にゲーム脳について詳しく記述されている文章がないのが現状です。
 このような現状では、森昭雄に「彼らはゲーム会社に金を貰って言っているのだ」と罵倒されても、文句は言えないでしょう。

 こうした構図の中には「2つの権威主義の形」が見えます。
 1つが、肩書きに対する、一般市民の盲従。
 そしてもう1つが、学者などの権威者に対する、責任追求の安直な放棄です。

 本来、学者という人種は、論文や各種メディアでの表現に対して、明確な責任を負うべきなのです。
 稲作農家であれば、お米の出来に責任を持つ、工員であれば目の前の製品に、工場経営者であれば全体の製品に責任を持つ。
 ならば当然、学者は論文や各種メディアでの表現に対して、明確な責任を負うべきなのです。
 こうして書けば当たり前のように聞こえるかもしれませんが、ならば森昭雄は「ゲーム脳」という明らかな擬似科学に対して、何らかの責任を取ったのでしょうか?
 いいえ。『ゲーム脳の恐怖』の印税は当然当人が受け取っていますし、各種の講演料も受け取っています。そして今だに日本大学の教授であり続けています。

 私は昨今の「新書ブーム」もそうした「責任感の欠如」が根底にあるように感じています。
 強権力者が「これは新書であって、単行本ではないから」と、新書特有の同じ判型で同じような表紙という匿名性を利用し、書き飛ばして金を儲けて、批判されてものらりくらりかわしていればいいのです。もっともらしい理屈を述べたければ「学問の多様性のために、安直な批判はなされるべきではない」とでも言えばいいでしょう。まさに「やったもの勝ち」の論理が新書ブームの中に透けて見えています。
 ただし、問題の本元は個人にはありません。いくら個人が無責任であろうと、その責任を社会が追及すればいいのです。
 しかし、現状を見てハッキリしているように、社会はそうした権威者に責任をほとんどと言っていいほど追求しません。唯一マスコミは責任を追及していますが、それもライブドアだとか村上ファンドだとか、その偏った価値観と野次馬根性でニュースバリューを追求した結果に過ぎません。当然マスコミ自身も所詮は権威者に過ぎないのですから「金持ち喧嘩せず」ということなのでしょう。

 そして、こうした権威者全体に対する不信が、今回の『バックラッシュ!』非難。すなわち、なんだかんだと平等がなされるようなことを言いながら、この期に及んで今だ何ら達成せず、さらには過去の文脈を持ち出して金儲けを企む既存の「言ったもの勝ち左傾論壇」への不信とイコールであることは、言うまでもありません。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2006年07月03日
 ■ 殺された若者の恨み

次回予告とかしつつも、次回予告はメインコンテンツの方にいれる事にしたので、もう少し時間をいただきます。
 つか、少なくとも男女平等に関して進歩的である俺を納得させられないような本が、バックラッシュを起す男尊女卑ウヨ厨どもを納得させられるとでも思うのか?

週刊ブックレビュー武田さんが『若者殺しの時代』を取り上げていたので(しかし、武田さんも意地の悪い本を選んだものだ。他のゲストの方がなんかかわいそうだった)、この本についてもう少し。

 私がこの本で一番素晴らしいと思うのは、80年代を率直に書いている事です。
 80年代というのは、まさに「バブルに向かう時代」であって、この時代を社会人として過ごした個人は「懐かしさ」を覚えつつも、同時にバブル崩壊に至る失敗の時代、いわば「失われた10年を形作った10年」であり、その「気恥ずかしさ」を感じているために、この時代を積極的に語ろうとする人間はほとんどいないのです。近年「昭和30年代」ばかりが語られるのは、当時が「完璧な時代であった(本当は幻想だけど)」からです。
 だから、80年代を毛恥ずかしいままに書き記した、この本は素晴らしいのです。

 そして、私はこの本に対して「恨み」を覚えずにいられないのです。

 1975年生まれの私にとって、80年代は、5〜15歳ぐらいまでを過ごした、まさに自分の人格を作り上げた年代が、この80年代なのです。
 で、この80年代に社会でなにが起っていたかといえば、堀井が「1983年のクリスマス」として記したこと、つまり「若者が経済化されて行く」ということが80年代に起っていたわけです。
 1章の「一杯のかけそば」の話は、つまり「家族で一杯のかけそばしか食べられなかった貧乏な家族が、長男は医者、次男は銀行員になって、成功しました。めでたしめでたし」というもので、つまり「貧乏な家族の経済的成功を翼賛している」話なのです。そしてこれが「いい話」として世の中に広まったのです。実際私も中学校の先生が配ったコピー(著作権は?)を読まされた記憶があります。
 これがいい話だったのは、貧乏と言うものがリアルに感じられた当時は「貧乏人(こっちに重心)が社会的に成功する(職業は記号)」であったからで、現在この話を眺めてみると、「貧乏人(という記号)が、お医者様や銀行員になって、贅沢をできるようになった(こっちに重心)」という話で、ずいぶん嫌味な話だな。というのが堀井の読み解き方なのです。
 そして、この頃から時代はバブルに突入し、まさにこの「お医者様や銀行員の兄弟」たちの享楽が始まるのです。そうした流れで消費されたのがこの「一杯のかけそば」というストーリーでした。

 そして、2章の「クリスマス」の話は、かつては「なんとなくお祝い」であったクリスマスが、女性週刊誌によって「経済強者たるカップルたちの祭り」に変わって行く過程を描いています。3章のディズニーランドの話も、同じ流れの延長上にあります。
 3章の結びで堀井はこう言います。

 80年代をとおして、僕たちは僕たちの共同体の抱いていた幻想をひとつずつバラバラにしてお金にしていったのだ。何だってバラバラにできるし、何だってお金になる。それがおもしろかったのだ。
 僕たちがおもしろがってバラバラにしたあと、スーツを着た大人たちがやってきて、それをすべて大がかりな金儲けのラインに組み込んだ。もちろんそのラインによって、いろんな人が豊かになっていったのだとおもう。おそらくまわりまわって僕たちも豊かになっているんだろう。でも、いったんバラバラにしてしまったものは、社会に組み込まれてしまい、もう二度ともとのかたちに戻すことができなくなってしまったのだ。

 この部分を「古き良き時代が失われた」と読むことも可能ですが、事態はそう単純ではないのです。
 それは「確かにそのことによって豊かになった」時代があったからです。
 古きよき時代は金になる。それは正義だったのです。金銭こそが正義だった時代がそこにあったのです。

 そして我々、当時のティーンズたちは、当たり前のように、このような「何でもお金にすること」を「絶対善」として受け取ってきたのです。流行に乗り、そこにお金を落すことは、絶対的に正しいことだったのです。それこそ戦時中に「鬼畜米英をやっつけること」や「支那人を虐殺すること」が正義そのものであったのと同じことです。


 私は、そうした時代に対して「恨み」を感じずにはいられないのです。
 時代はテレビや雑誌というマスメディアを通して我々の目に耳に入り、我々に「約束」をしました。
「消費さえしていれば、君たちもあの狂乱の仲間入りができるのだよ」と。
 そうです。80年代からバブル崩壊までにかけて、マスメディアで語られていたこれらの出来事は、すべて我々に対する約束だったハズなのです。
 しかし、約束は一方的に破られました。
 我々はバブルの狂乱どころか、ロクな金や地位も得られず、さらには無能者の集まりのように、まさに当時狂乱を得ていた連中に罵倒されがら現在まで生き長らえさせられているのです。

 だから、こうした「恨み」を抱いている私にとって「80年代がしっかりと描かれること」は極めて重要なのです。この時代が描かれなければ、我々がどのように不幸なのかということが、さっぱり周囲に伝わらないのです。
 恥ずかしい時代を恥ずかしいままに書く。それをできるのは、当時を主体的に生きた人たちだけなのです。

 だから私は堀井憲一郎のこの仕事を支持します。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2006年06月17日
 ■ 『グロテスクな教養』高田里恵子(ちくま新書) その1

成城トランスカレッジより。

 千葉県管理教育の経験談シリーズ by ふぇみにすとの雑感@シカゴ
 「70年代千葉県管理教育と日の丸・君が代」
 「千葉管理教育その2:業間体育、掃除、給食」
 「千葉管理教育その3:「男女同室着替え」編」
 「千葉管理教育その4:体育編」
 「千葉管理教育その5:小学校体罰編」
 「千葉管理教育シリーズその6:密告文化と暴力、管理」

 「子供を教育する」と息巻くことがどれだけバカバカしくて有害な空回りなのか。ということがよく分かりますね。

『グロテスクな教養』高田里恵子 ちくま新書539 1周目読了。

 自分にとってまったく未知なジャンルのため、とりあえず2回読むつもり。で、今回はその1周目の感想。

 結局、教養主義“論”(と論をカッコにいれるのは、教養主義そのものというよりも、肯定するにせよ否定するにせよ、教養主義を巡る言説こそが教養主義のグロテスクさを際だたせているからだけれども)というのは、すなわち「東京の中産階級層の青春を巡る青臭い議論」に他ならないのだなぁ。と読みました。
 それが上品過ぎるなら、「我々はこれほどまでに実存というものに悩んでいるのだから、幸福になる権利があるはずだ」。
 もっと下品にして「悩むことが権力や女を手に入れる免罪符なのだ」。ぐらいまで言えるのではないかと。

 ただ、こうした教養主義論について明確にしておくべきなのは、それがあくまでも「東京の中産階級レベルの学生」の話に過ぎないということです。
 結局、『学問のすすめ』にせよ、『資本主義宣言』にせよ、『君たちはどう生きるか』にせよ、「本を読む」ことでしかなかった教養主義の生存域は、本を買い求められて、なおかつ悩むような時間のある学生という範囲に限られたのです。
 ある意味でこれは日本人の学習感と同じもので、学習は学生までで終了して、後は社会の歯車になって学習しないのが当たり絵前というものです。だから「教養」を学んだ元学生たちは、

 いまでは、たんなる外交官、たんなる医者、たんなる高級官僚、たんなる幹部社員、たんなる東大教師

 になってしまう。「モラトリアムの季節が終わり……」みたいなやつですね。
 だけれどもそれは最初っから「学生というモラトリアムの期間が明確に明示され、その範疇で悩むという歯車的行動なのではないか?」とも言えるわけです。
 つまり、中産階級が「自分たちは自分たちの人生を勝ち取ったんだ」という方便のために教養主義を翼賛しているけれども、そのことになんの意味のないのではないか? とも思えます。

 そしてそんなよくわからない「教養主義」が、確実に崩壊するのが「一億総中流社会」という潮流です。
 それまでは「知的エリート」という身分のおかげで教養主義に片足をつっこみ、人生に悩んだフリをできていたのが、圧倒的な経済成長によって、労働者層までもが、その権限を得てしまうのです。
 下品に言えば、東大(と、そこに至るエリート校)の専売特許であった教養(という利権)が、早慶上智やMARCHに流出して行くわけです。
 そして、「悩むことが権力や女を手に入れる免罪符なのだ」という下品な教養主義は、「金を持っているから権力や女を手に入れていいのだ」という、もっと下品な資本の論理によって、完全に押し流されてしまうのです。そして東大の貧乏学生は、私立大の金持ち学生においしいところを全部持って行かれてしまいます。これが「教養の失墜」です。

 こうした感覚で教養というものを眺めた時に、それが我々が一般的に使う用語としての「教養」というイメージからまったくかけ離れたものになっていることが、確認できます。

 「それを確認した」というのが、1周目の感想です。
 もう少し書きたい気分はありますが、それは2周目の感想に取っておきましょう。

個別ページ表示 | トラックバック (0)

2006年05月19日
 ■ 書評 『若者殺しの時代』堀井憲一郎

小学校低学年の25%「お金が一番大切」
 ……どうせまた、くだらないことを言い出す香具師がいるんだろう。

“ヒルズ族”などが話題になる中で、中高生の5人に1人は「お金持ちはかっこいい」と考えている。

 このたび経団連会長を退いた、このサイトの扉絵を飾っていただいている奥田……おっとO田碩や、新会長となったお手洗い(笑)さんも「お金持ち」だろう。堀江ではなくて、彼らをビジョンに抱くなら、それはOKなのか?

書評 『若者殺しの時代』堀井憲一郎

 こういう本を社会学者やジャーナリストを名乗る人たちは多分読まないんだろうけど、ハッキリ言う。この本には80年代の軽薄さのすべてが描かれている。ということは、すなわちバブルの発生と臨界を描いている重大な本だということだ。
 80年代をこれほどまでに明確にえぐった本はない。というか、80年代を覚えている人は、絶対にこんな本を書きたがらない。
 なぜなら、80年代というのは、バブル期を過ごした全ての大人にとって「忘れてしまいたいほど恥ずかしい時代」であるからだ。そんな恥ずかしい時代の事を思い返しても誰も得をしない。そして実際に80年代を頭の中から消し去ったうえで「最近の若者は」などと偉そうな事を言いたれている。
 しかし、80年代に中高の多感な次期を過ごした団塊ジュニア世代である我々は、当時の大人の軽薄さをけっして忘れてはいない。

 ところでさっきから軽薄軽薄と連呼しているが、「80年代の大人が軽薄であった」ということの本当の意味を分かっているだろうか?
 それは、「当時の大人がバカだった」という意味ではなくて、「軽薄さによって、爆発的な経済発展が起った」という意味だ。
 すなわち当時の大人たちはどんどんバカになることで経済を発展させて行ったということだ。当時は今とはまた違った意味で「バカになれ! バカになれ!」という連呼が聞こえた時代だった。そうした時代の空気が、この本を読んで行くとありありと思い返される。

 そうした時代を思い返した上で、堀井が現代の若者に送る言葉は「逃げろ」だ。この大戦後のバカな社会を生み出した世代の一員だと見なされてしまう若者たちに対して、とにかく逃げろとくり返す。
 沈没仕掛けている巨大客船からバケツを使って水を汲み出せなどとバカなことを支持しながら、自身はワインを飲んでなにもしない右翼や左翼と比べればはるかに誠実な態度と言えよう。

 80年代を忘れたいと思っている連中は読まなくてもいいので、80年代を知らない若者たちや、プロジェクトXとかに騙されてしまった人たちに、この本は読んでほしい。
 確かに当時は、こんな「しょうもない」レベルで日本経済の大半は成り立っていたのだ。

個別ページ表示 | トラックバック (1)