お知らせイベント

専修大学大学院文学研究科「ジャーナリズム学専攻」が2025年4月に開設されます(設置計画は現在設置届出中)。ジャーナリズム学科(2010年=人文・ジャーナリズム学科、2019年にジャーナリズム学科に改組)開設から15年、専修J(専修ジャーナリズム)の第2章が始まります。

【教員構成】
ジャーナリズム研究:武田徹、山田健太、植村八潮、福冨忠和、松原文枝、松岡郁子
アーカイブ研究:高島裕之、野口武徳、三木由希子
スポーツインテリジェンス研究:平田大輔、イウヨン、渡辺英次、齋藤実、若井江利

【授業科目】
ジャーナリズム学総論、ジャーナリズム法制倫理 ジャーナリズム研究、アーカイブ研究、スポーツインテリジェンス研究 ジャーナリズム特論、映像・ウエブジャーナリズム特論、広告学特論、心理・身体情報特論、スポーツ情報戦略特論、図書館情報学特論、博物館資料学特論、データジャーナリズム演習、デジタル情報表現演習 ジャーナリズム学研究法、ジャーナリズム学特別研究

【入試】
学内選考:2024年7月6日
一般入試:2024年10月5日、2025年2月22日
※出願条件・期間等は大学にお問い合わせください。

ジャーナリズムを究める――日本で唯一のジャーナリズム学科に続き、大学院修士課程レベルで、日本で唯一のジャーナリズム学専攻が誕生します。14人の教員を中心に、豊富なゲストを交え、多彩な講義・演習科目を展開します。
※掲載内容は予定であり、変更する場合があります。

 

お問い合わせはこちらから